プリキュアと付き合う方法

桜の花もほころびる季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。今日から4月、新年度のスタートということで、今までのことは忘れて、気持ちも新たにがんばろうとしている人も多いと思います。

古い荷物を捨て新しいドアを開けて――というのはMr.ChildrenのEverything(It’s you)という曲の歌詞ですが、今からおよそ2000年前にも、ミスチルの桜井さんと同じように考えていた人がいました。

イエス・キリストの弟子たちです。彼らは、人間が神と交わした約束という形式をとって、イエス・キリストの教えを著した書物を作りました。

そして、当時の中近東で広く信じられていたユダヤ教の書物と混同しないように、自分たちが作った書物を新約聖書と呼びました。(ユダヤ教の書物に書いてあるのは古い約束ということで、旧約聖書と呼びました。)

新しいほうの約束であるという新約聖書ですが、興味深い話がたくさん書かれています。キリスト教を信じていない人が読んでもためになりますよ。筆者おすすめの警句を一つ紹介しましょう。

『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。

※出典『新約聖書 マタイによる福音書』(5:27、5:28)

イエス・キリストは姦淫を罪であると言っています。でも、いくら罪だと言われても情欲をいだいてしまうのはしかたないことですよね。有性生殖をする生物種なんですから。

現代日本においてはむしろ、実際に不倫をして罪に問われるリア充よりも、不純異性交遊したくても相手がいない・情欲はいだくが行為に及ぶ機会がないなど、人並みに恋愛できていない自分自身に劣等感や罪の意識を感じてしまう「非リア問題」のほうが重大です。

そんな非リア男子にとって大いなる福音となるのが、上記のイエス・キリストの言葉です。イエス・キリストは、心の中で情欲をいだいて女性を見るだけで姦淫したことになると言っています。彼女がいなくても、ちゃんと姦淫して立派なリア充になることができるのです!

TVドラマ『相棒』の水谷豊さんのようにプリキュアしか愛せない男性にとっても朗報です。プリキュアというのは女児向けのアニメですが、アニメキャラとは普通は付き合えません。しかし、イエス・キリストの聖句に従えば、付き合えないはずのプリキュアと姦淫することだって可能です。

やり方は簡単、心の中で情欲をいだいて見るだけ。「言われなくてもいつもやってるよ」というあなたは、すでに何度も姦淫に成功しているリア充です。キモいオタクなんかじゃありません。おめでとうございます。この調子でどんどん罪を重ねていきましょう。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

赤字になったらお金がもらえる!確定申告で得する方法

「病気で欠勤するときは代わりの人を見繕わないと罰金!」などという独自ルールがあるブラックバイトならいざしらず、普通にお給料をもらって働いている人は、あまり赤字になることはない。しかし、自分が給与を支払う側だとか、フリーランスで働いているという人は、赤字になることがある。売り上げよりも経費のほうが多くなってしまった場合だ。

ビジネスはギャンブル。うまくいくこともあればいかないこともある。今まではなんとか黒字だったけど今年はついに赤字転落、残った借金をどうやって返済していくべきか……こんな状況に陥ったときに、いい方法がある。今年の損失を、去年の利益と相殺して、去年の利益が少なかったことにできるのだ。

といっても、去年の利益の一部が消えてなくなるという意味ではない。実際には去年の利益はそのまま全部自分のものになっている。ただ架空の話として、少なかったことにするのだ。そうすると何がお得かというと、少なくなった利益で税金を計算できるから、税金が安くなる。計算上安くなった税金と、実際に去年納付した税金との差額を、返してもらえるのだ。

ただし、この制度は青色申告でしか利用できない。確定申告には、青色と白色がある。白色は家計簿をつける程度の簡単さだが、青色は色々とこみいった作法を用いる必要がある。手間がかかって面倒な代わりに、お得になる特典もついてくるというわけだ。その特典のうちの一つ、赤字のときにお金がもらえる制度は、所得税法の140条に書いてある。

第百四十条  青色申告書を提出する居住者は、その年において生じた純損失の金額がある場合には、当該申告書の提出と同時に、納税地の所轄税務署長に対し、第一号に掲げる金額から第二号に掲げる金額を控除した金額に相当する所得税の還付を請求することができる。

一  その年の前年分の課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額につき第三章第一節(税率)の規定を適用して計算した所得税の額
二  その年の前年分の課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額から当該純損失の金額の全部又は一部を控除した金額につき第三章第一節の規定に準じて計算した所得税の額

「申告書の提出と同時に」という所がポイントだ。あとになって何かの拍子に思い出して請求してもダメ。実際、過去にそのような裁決がおりたことがある。平成5年8月16日、後から請求しようとした人が税務署に断られたことを不服として、国税不服審判所に審査請求をした。

国税不服審判所とは、税務署とは別の行政機関であり、税金に関係した審査請求に対する裁決を行っている。審査請求とは、その処分をした行政機関とは別の行政機関に対して行う不服申立てのこと。審査請求なら、「ダメ」と言ってきた本人にもう一度お願いするわけではないから、「ダメ」という処分がくつがえる可能性も十分にある。

しかし今回の請求人の場合はくつがえらなかった。そのときちょうど外国にいたから後になってしまったとか、そもそも勘違いして後からでも大丈夫だと思っていたとか、いろいろと言い訳をしていたが、結局ダメなものはダメ。平成6年10月17日、国税不服審判所は税務署の処分が妥当であるという裁決をした。

1年以上も待たされて、しかもお金ももらえない……こんなみじめな思いをしないですむように、赤字になったときはすぐにお金を請求しよう。白色の人は、お金を払って税理士に頼むか、お金がなければ自力で青色に挑戦してみよう。ただ、今まで一度も黒字になったことがない場合は利用できない。まず黒字にすることから始めよう。

↓こちらは会計ソフトのおもしろCM。流れる歌が身にしみる……

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

地に足をつけて生きられない現代人へ~ある植物写真家の提言

科学技術は日々進歩し、私達の暮らしは便利で快適になっている。一方で、人間関係は希薄になった。人とかかわらなくてもそこそこ行きていけるからだ。スマホやSNSなどのITでつながれたような気がしても、ちょっと何かが起こるだけですぐに切れてしまうか細い絆でしかない。

絆や愛がもてはやされるのは、貴金属と同様にこの世の中では希少なものだから。必然的に、獲得できる人の数は少なくなる。対人関係で悩む人が量産される。レア物を求めて争ったり負けて苦しんだりする人々を見ているのはしのびない。誰もが入手できる、愛や絆に代わる何かはないものか。

あった。それを紹介してくれるのは、写真家の伊沢正名氏が著した一冊の書籍。『葉っぱのぐそをはじめよう』(山と渓谷社)というタイトルだ。「葉っぱの、ぐそ」ではなく、「葉っぱ・のぐそ」である。伊沢氏によれば、ノグソというのは野外で排便をすることらしい。野外で排尿することはノシッコと定義されている。

トイレでもたまにトイレットペーパーが無い場合はあるが、野外では常にトイレットペーパーが無い。犬や猫などの動物は、排便しても糞は尻にくっつかない。腸の一部が外部に飛び出すからだ。しかし人間は違う。トイレットペーパーが無ければ、トイレットペーパー以外のものでおしりをふかなければならない。

伊沢氏のオススメは葉っぱだ。野外には植物がある。葉っぱならふいたあとそのまま捨てても自然にかえる。いろいろな植物があるので、それぞれ違ったふき心地も楽しめる。ただ、中には固くて痛かったり毒を持っていたりする葉もあるので注意が必要だ。伊沢氏の本では、多種多様のおしりふき用葉っぱが写真付きで掲載されている。

「葉っぱなんかでちゃんとふけるの?」と疑問に思う人がいるかもしれない。大丈夫、ちゃんとふける。伊沢氏は、この16年の間にトイレで排便をした回数は9回だけだという。ノグソ回数が9回なのではない。ノグソ以外の回数が9回だ。もしも葉っぱでちゃんとふけないのだとしたら、累計1万3600回以上のノグソを実行してきた伊沢氏のおしりはとんでもないことになっているはず。

伊沢氏はなぜここまでノグソにこだわるのか。それは、地球を守りたいからだ。日光を浴びる植物。植物を食べる動物。動植物を食べる人間。……でも、人間を食べる者はいない。人間が作り出す糞尿を土にかえして、土中の昆虫や微生物により分解してもらうことで初めて、人間も自然の一部に組みこまれる。大地と、地球と一体化できる。

いつ疎遠になるかわからない友達、信用できない恋人、好きじゃない家族など、表層的な人間関係にほんろうされて苦しんでいる現代人たち。ありそうもない真実の絆や愛にすがるよりも、足元の地面を見よう。地に足をつけて肛門を露出し思いっきり脱糞しよう。あなたが地球を守れば、地球は必ずあなたを守ってくれる。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

花粉症の薬、最安はアレジオン。アレグラ・クラリチンは効き目が弱い

花粉症で病院から処方される代表的な5つの薬について、薬価や副作用など気になる情報をまとめました。1日あたりのコストが最も安くなるのは、アレジオン。効き目も副作用も中程度です。逆に最もコストが高いのは、新しくてまだ後発品のないザイザル。効き目が強い割に副作用が軽減されています。

眠気や口の渇きなどの副作用を最小限にしたい場合は、アレグラやクラリチン。運転中や会議中に居眠りしたら大変ですからね。女性には大野智のアレグラ、男性には井川遥のクラリチンがおすすめ。そんなことよりとにかく症状をなくしたい人は、アレロック。花粉が飛んでいることに気づかなくなります。

製品名 有効成分 薬価(成分) 後発 1日 作用 副作用
アレロック オロパタジン塩酸塩 51.5(5mg) 21.7 1 2 43.4
アレグラ フェキソフェナジン塩酸塩 64.9(60mg) 29.4 1 2 58.8
アレジオン エピナスチン塩酸塩 120.3(20mg) 29.4 1 1 29.4
クラリチン ロラタジン 86.7(10mg) 40.2 1 1 40.2
ザイザル レボセチリジン塩酸塩 96.4(5mg) 1 1 96.4

[薬価]・・・有効成分を括弧内の量含有する製品の薬価
[後発]・・・ジェネリック医薬品の中で最も安いものの薬価
[錠]・・・1回につき服用する錠数
[回]・・・1日に服用する回数
[1日]・・・1日当たりの価格。(薬価)×(錠数)×(回数)で計算。単位は円

薬価とは、患者がお医者さんから買う薬の値段ではなく、お医者さんが業者から薬を仕入れるときの値段です。医療費が3割負担の人の場合、薬価の3割のお金を薬の対価として支払うことになります。たとえばアレジオンを30日分処方された場合、最安の後発品で計算すると29.4×30×0.3=264.6円になります。

ただ、薬局では薬そのものの代金だけではなく技術料も上乗せされるので、実際に財布から出るお金はもっと多くなります。お店によって異なりますが、それでも大体は1,000円程度におさまると思います。ドラッグストアで花粉症の薬を買うよりもお得ですよ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

差別主義者は不潔で体が弱かった。進化心理学が示す意外な事実

[3行まとめ]
①人を差別する気持ちはみんなが持っている
②不潔で弱い人ほど差別意識が強い
③手を洗ってキレイにすれば差別しなくなる

「韓国人は出て行け!」「犯罪者は死刑にしろ!」威勢よく大声で叫ぶ差別主義者たち。一貫した断固たる主張を聞いていると、彼らは人間的に優秀で強い人のように思えるかもしれない。しかし、進化心理学からは全く逆の知見が示されている。差別主義者は心だけでなく体が弱く、しかも衛生的に不潔だということが判明した。どういうことか。

進化心理学とは、ダーウィンの進化論の原理を人間の心に応用した学問である。元々は首の短かったキリンが今では首が長いのは、首の長いキリンだけが高所のエサを食べて生き残ってこられたから――進化論の説明としてよく挙げられる例だ。この進化論が、人間心理を生物の視点から説明する。

進化心理学に詳しい大学教授の森津太子氏によると、差別意識というものは全ての人間が持つものであり、それは進化の過程で獲得された、生存上有利な性質だという。

太古の人類は、衛生的な観念を持っていなかった。ことあるごとに感染症が広がり仲間がバタバタと倒れていった。いつ自分が発症するかわからない恐怖の日々。この厳しい環境を生き延びた一部の人は、ある特徴を備えていた。差別思想だ。

生き延びた一部の人は、自分たちと違う外見の人を避け、排除していた。細菌やウイルスなどの検査技術がなかった当時、相手が病気に感染しているかどうかは見た目で判断するしかない。見た目が変な人を忌避することにより、結果的に感染症リスクを低減させた一団が生存競争を勝ち抜いた。

その子孫が我々だ。ゆえに全ての現代人が差別意識を内在させている。しかし、差別が生存上有利だったのは太古の昔の話である。文明が発達する前の、狩猟採集時代の環境に適していただけで、現代社会には合わない。そこで、差別意識を減らすための方法が模索されてきた。

森教授は次のような心理学の実験を紹介している。差別意識が感染症を避けるためのものならば、別の方法で感染症が防げればいいという考えのもとに行われた実験だ。被験者を手を洗うグループと手を洗わないグループに分け、両者の差別意識を比較した。すると、手を洗った人は差別意識が低下していた。

手の雑菌を洗い落として感染リスクを抑えると、もはや他人を差別して身を守る必要はなくなる。もともと体の抵抗力が弱くて感染しやすい人ほど差別意識が強く出ることも判明した。弱いからこそ、周囲の脅威におびえて過剰なほど避けなければならないのだ。弱い犬ほどよく吠える。

弱い犬には弱い犬なりの生き残り戦略があった。しかし、周囲を差別してみっともなく逃げまわる以外にも戦略はある。それは、強くなることだ。差別主義者は、手を洗って強くなれ。外から帰ってきたときや、トイレに行ったあとなど、こまめに手を洗うようにしよう。そうすれば差別から足を洗うことができる。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/