「大麻女優」高樹沙耶を悪者にしたい「飲酒男優」中尾彬こそ社会のガン

[3行まとめ]
①女優の高樹沙耶が大麻所持で有罪確定
②男優の中尾彬が高樹沙耶の人格を否定「変な女優」
③科学者「大麻は酒より安全」→飲酒男優・中尾彬のほうが危険人物

2017年4月27日、女優の高樹沙耶が沖縄の裁判所で懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を下された。高樹が大麻を所持していたと認定されたのだ。高樹は控訴しなかったため有罪が確定した。

この事件を受けて、翌28日のフジテレビ系列『バイキング』では、男優の中尾彬が高樹を「あいさつもできない変な女優」と痛烈に批判した。「高樹を応援する人も一部にいる」と話を振られた中尾は、沖縄に住んでいるからという理由だけで沖縄代表ヅラして、「沖縄の人は誰も応援してない」と断言した。

中尾彬、ウソをつくな。

沖縄のみならず全国各地に、高樹を応援する人々が存在している。彼らは、大麻がアルコールよりも安全であることを知っている人たちだ。中尾彬は知らないのかもしれないが、アメリカの雑誌『The New Yorker』の取材でバラク・オバマ大統領が「大麻は酒より安全だ」と明言している。

大統領だけではない。イギリスの科学者デビッド・ナットの研究によると、酒はヘロインやコカインよりも社会的に有害であるという結果が出ている。ドイツのドレスデン工科大学からも同様の研究結果が発表されており、酒が高リスクである一方、大麻は低リスクであると判定されている。

いや、中尾彬は、実は知っているのかもしれない。酒が大麻より危険だと知っているにもかかわらず、あえて酒より大麻を危険視しているのかもしれない。なぜなら、中尾は酒屋の息子であり、かつ、自分の名前を冠した酒を作って儲けたり、酒屋のCMに出演してたんまりとギャラをもらったりしているからだ。

酒が大麻より危険だなどとは口が裂けても言えないだろう。なんのことはない、第三者を装ってしたり顔でコメントしている中尾彬は、密接な利害関係を持つ当事者だったのだ。視聴者は中尾のポジショントークを真に受けてはいけない。

科学的な真実を知れば、高樹沙耶こそが正義だとわかる。大麻を解禁できれば、人々は危険な酒から安全な大麻に流れるだろう。日本社会全体に大きな利益をもたらすために、高樹沙耶は、無知な大衆から糾弾される危険を引き受けてまで、自らの信念を貫いた。大麻女優というのは汚名ではなく輝かしい称号なのだ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

藤田ニコル(19)、調子に乗って『フルタチさん』でコメント失敗、変な空気に

[3行まとめ]
①持ち前のコメント力で幅広い世代に人気の藤田ニコル
②藤田ニコル、『フルタチさん』で場違いなコメント
③目覚めが良くなるカーテンに対して「おちつく~」

テレビに出始めの頃は空気の読めないおバカキャラだったモデルの藤田ニコル(19)。今では藤田本人も白状しているように、空気を読めるようになってきている。そのおかげで数多くのバラエティ番組に引っ張りだことなった。

藤田は、2017年4月23日(日曜日)、フジテレビ『フルタチさん』にも出演した。番組のテーマは睡眠で、上質な眠りを得るための特別な寝室が紹介された。質の良い睡眠をとるための工夫が随所に凝らされている。寝室の床は無垢の杉材、天上には一面に黒い炭。窓は二重で、窓と窓の間には遮音カーテンがひかれている。カーテンは電動開閉式で、翌朝の起床時間に合わせて開くように設定しておくと気持ち良く目覚められるという。

この特別な寝室に、藤田ニコルは他のタレントたちと一緒に訪れていた。藤田は、睡眠の専門家が何か説明するたびに「へぇ~!」「すごーい!」などと、感情のこもっていない顔でわざとらしい声を漏らす。それでも視聴者の感情をひきつけることには成功していたのだから、番組としては藤田のようなタレントは便利だ。

しかし藤田は一つ、致命的なミスをした。電動カーテンが自動的に開いて窓の外から日光が差し込んでくるのを見せられたとき、藤田は「おちつく~」と言ってしまった。番組の狙いとしては、カーテンを開けて光を取り入れれば目覚めが良くなるということを示したかった。にもかかわらず、藤田は逆に眠りやすくなる方向でコメントを発してしまったのだ。

どうフォローしていいかわからなかったのか、同席していたタレントは言葉を失う。オンエアではすぐに場面が切り替わり、何事もなかったかのように次の説明に移ったが、藤田の失敗をなかったことにはできない。調子に乗って条件反射的に無内容なコメントを連発してきたツケがついに回ってきたようだ。

本音は隠し、空気を読んで、表面的にオーバーなリアクションをしておけばいいというのが、藤田のこの仕事に対する姿勢である。結局のところ視聴者を甘く見ているということだが、藤田本人は自らの中に潜むさげすみの心に気づいていないのだろう。むしろ視聴者の立場でコメントできる人気者だと思っている節がある。

もちろん、そういう藤田を好む層も一定数いる。自分ではうまく感情を表すことができないタイプの視聴者だ。彼らは自分たちの代わりに藤田のようなさくらタレントが大げさな感情表現をしてくれるのを口を開けて待っている。タレントに便乗して自分の感情を発露し、もって日々のストレス解消としているのだ。

タレントに頼らなければ自分の心も動かせないのか。藤田が何かを「すごい」と言ったからといってそれが本当にすごいわけではない。逆に、藤田が「すごい」と言わなくても、自分が「すごい」と思えばそれはすごいのだ。

心をおさえつけてばかりいると、いつしか本当に心が動きを止めてしまう。まだ動こうとする兆候が見えているいまのうちに解放しよう。自らの感情を表すことをおそれる必要はない。タレントに惑わされず、ただ素直な心のままに、本当の自分を大事にして生きていってもいいのである。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

市川紗椰、京唄子の訃報に満面の笑み

[3行まとめ]
①大物女優の京唄子が肺炎で死亡
②京唄子死去のニュースをユアタイムが報じた
③京唄子の訃報が流れている最中、女優の市川紗椰がなぜか爆笑

大御所女優の京唄子が亡くなった。89歳の大往生である。この2017年4月6日の突然の訃報は、フジテレビの報道番組『ユアタイム』にも届いた。当然ながら多くの視聴者が悲しみに暮れたが、番組MCの女優・市川紗椰(30)だけは大口を開けてバカ笑いをしていた。

人が死んだのに楽しそうに笑っている市川の不謹慎(ふきんしん)な態度に怒りを感じたのは、京唄子のファンだけにとどまらなかった。京唄子の活躍を知らない若い世代からも、「さすがにそれはまずいんじゃ……」と疑問視する声があがってきた。

たしかに市川の30歳という年齢を考えると、京唄子が出演していた舞台やドラマを見たことがなかったのかもしれない。もしかしたら京唄子という人物の名前や存在すら、今回訃報に接するまで全く認識していなかったかもしれない。

知らない人、関係ない人が死んだとしても、悲しくもなんともない。遠い中東やアフリカで、内戦や飢餓で、大人や子どもが次々に死んでいったとしても、そのことに心を痛める日本人が一体何人いるだろうか。ほとんどいないだろう。

そのこと自体は責められない。見ず知らずの他人の死にまで感情を動かされていたら身がもたない。しかし、だからといって人の死を笑っていいということにはならない。たとえ悲しくはなかったとしても、せめて悲しそうな態度を見せるとか、少なくとも楽しそうにはしないなどの配慮が必要ではないか。

人としての最低限の気配りが、市川紗椰からはみじんも感じられなかった。ひとしきり笑い終わったあと、さすがに周囲の冷たい視線を感じとったのか、市川は保身のために笑顔をひっこめた。ただ、完全にはひっこめられておらず、うすら笑いの余韻が残るゆがんだ真顔であったことを付け加えておく。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

くわばたりえ、独自の育児論でボロ儲け。過去の幼児虐待疑惑に徹底抗戦

[3行まとめ]
①くわばたりえ幼児虐待疑惑で逆に人気上昇
②子育て中の一般女性に対する講演活動実施
③具体例一つで全体を理解することはできない

フジテレビのトーク番組『ボクらの時代』、2017年3月12日(日)の放送では、お笑いタレントでありながら子育てをしている3人の女性が登場。仕事や育児、夫との関係などのおしゃべりに花を咲かせた。

そのうちの一人、くわばたりえ(40)は数年前、週刊誌で幼児虐待の疑惑を報じられたことがある。発端は、2017年3月7日(火)放送をもってあっけなく打ち切りとなった日本テレビ『解決!ナイナイアンサー』だった。

これは、お笑いコンビ『ナインティナイン』が司会を務めていたバラエティ番組。矢部浩之(45)が結婚して仕事に対する情熱が薄れたり、岡村隆史(46)の精神が痛々しいほど摩耗するなどして、視聴率が取れなくなってきた割にギャラの高いナイナイがバッサリ切り捨てられた。

ナイナイアンサーがかろうじて勢いを保っていた時期、くわばたが出演して自分の子供を殴っているという告白をしたことがある。一部のネットユーザーから批判の嵐が巻き起こったが、それは彼らが子育てを知らないからだった。実際に苦労して子供を育てている母親たちからは、くわばたに対する共感の声が上がっていた。

『ボクらの時代』でくわばたは、子供は大好きだけどつらいこともたくさんあると述べた。一般の子育てママたちが言いたくてもなかなか言えないことを、有名人のくわばたがテレビで言ってくれた。現在くわばたには全国各地から育児に関する講演の依頼が舞い込んでいるという。

くわばたはこれから小池百合子都知事の催しにも参加すると自慢げに語った。政界進出を視野に入れているのかもしれない。バラエティ番組で面白おかしくおしゃべりしているうちは良かったが、これで政治家を目指すとなれば話は別だ。

有名な芸能人であるというだけで、無能な人間が当選してしまうのは危険である。自分が子育てをしているからといって、他人や社会の子育てを議論できる資格があるということにはならない。くわばたの単なる個人的な経験が全員に通用するわけではない。

一つの具体例でしか語れない素人ではなく、全体を広く見渡して抽象度の高い議論ができる有能な人材は、他にたくさんいる。その人自身が子育てをしている必要はない。子育てをしている他の人々から様々な意見を聞いてまとめあげる作業こそが求められていることである。

このような勘違いが見られるのは、育児分野だけに限らない。たとえば自分が東日本大震災で被災したからといって被災者代表ぶってみたり、性的少数者だからといってLGBTの全てを理解したつもりになっていたり、沖縄に行ってみたからといって沖縄人の総意を代弁している気になっていたり。

当事者であることをあたかも特権的な立場ででもあるかのように錯覚して偉そうに振舞っている人間は恥ずかしい。変えられない身分という権威に寄りかかるのではなく、話の中身で勝負することはできないのだろうか。少なくとも、そうしようとする試みこそが、本当に自分たちを理解することにつながるというのに。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

下田美咲が犬恋愛を告白。彼氏も健康もゲットできる犬の人生とは?

2017年2月12日、フジテレビ『ボクらの時代』で下田美咲(27)が恋愛の極意を披露した。基本的に犬のように無邪気に振るまえばモテるという。たとえば、飼い主からもらったものは何でも喜ぶ犬のように、男性から何をプレゼントされても大喜びする。たとえば、すぐ飼い主のほうに近寄ってくる犬のように、好きな男性の隣にスッと当たり前のように座る。

下田はこの恋愛術を、過去に飼育していた犬から学んだという。犬はなぜあんなに愛してもらえるのだろうか。全く人間の言葉をしゃべることもできないのに、どうして。疑問を解決すべく、犬との共同生活を続ける。注意深い観察と考察の結果、独自の恋愛理論を打ちたてた下田は、これを『新型ぶりっ子のススメ』(KADOKAWA)という本にして出版したのだ。

「言葉はいらない」と下田は力説する。犬はしゃべらなくても愛されているではないか。世間では、好きな気持ちは言葉でしっかり伝えるのがいいと言われている。いくら自分の心の中で好きと思っていても、相手には伝わらないからだ。アルバイト情報誌『タウンワーク』のテレビCMでダウンタウンの松本人志(53)もそう言っている。

しかし下田の犬恋愛は違う。好きという気持ちは、言葉ではなく態度で伝える。犬はしっぽを振って、体全体で喜びを表現する。帰宅した飼い主の足にとびついて興奮を体現する。ここまでわかりやすくされれば、どんなに鈍い飼い主でも犬の気持ちはわかるだろう。これを人間が人間へ実行すれば、相手がどんなに鈍感でもわかってくれる。

犬から学べるのは恋愛術だけではない。脳機能学者の苫米地英人(57)が著した『脳に免疫力をつければ病気にならない!』(徳間書店)には、犬に学ぶ健康法について書かれている。犬はことあるごとに伸びをして体をほぐしているし、手足を投げ出したラクな姿勢でリラックスしている。人もこのように生活すれば健康でいられるというのだ。

彼氏と健康の両方をゲットしたならば、人間の幸せはほぼ完成したと言えるだろう。バレンタインデーにチョコレートをプレゼントしている場合ではない。犬は誰にもチョコをあげない。あなたも犬を見習って、気になる男子と犬恋愛をしよう。大好きな彼から愛されて、犬恋愛の末に結婚しよう。犬の時代の幕開けだ。

画像:「下田美咲オフィシャルブログ「嫌なことあったら、そっこーヘルペス。」Powered by Ameba」
http://ameblo.jp/shimodamisaki/