復興大臣バッシングから漂う腐臭。本音は「東北でよかった」by東北以外の人

[3行まとめ]
①今村復興相の失言「東北のほうだったからよかった」
②非難している国民も本音では東北でよかったと思っている
③「『東北でよかった』と思ってはいけない」と思う必要はない

2017年4月25日、今村復興大臣がとんでもない失言で炎上した。東日本大震災からの復興を支援すべき大臣であるにもかかわらず、あの巨大地震が東京ではなく「まだあっちのほうだったからよかった」と言い放ったのだ。

この今村大臣に対して、政治評論家の田崎史郎(66)は「(被災者の心に)寄り添っているフリをしなくちゃならない」と的確な指摘をした。翌26日のTBS『ひるおび!』での一コマだ。

田崎の指摘について、愚かなネット民が炎上させようとやっきになっている。被災者を傷つけている、というのが批判の理由だ。半分は正しく、半分は間違った批判である。被災者も視聴するであろうテレビで田崎が発言したことを批判するのは正しい。

しかし、公の場で発表するのではなく、田崎が心の中で思っていること自体を批判するのは間違っている。それは今村大臣についても同じだ。今村が心の中で「地震が東北でよかった」と思っているぶんには、誰からも非難されるいわれはない。

落ち着いて考えてみればいい。自分の家が地震で壊れるのを喜ぶ人間がどこにいるのか。大震災が自分の住んでいる地域で起こらなくて良かった、などというのは誰でも思う普通のことである。つまり、あなたが東北に住んでいないなら、「地震が東北でよかった」というのがあなたの本音だ。

あなたを責めているのではない。誰でもそう思うものだ。東北の人だって、ヨーロッパのテロ事件が東北で起こらなくてよかったというのが本音である。自分に被害が及ばなくてよかった、と思ってしまう自分をダメだと否定する必要は全くない。

そういう自己否定の気持ちをなくせば、あなたが否定したかったあなた自身の嫌な面が投影された今村大臣の失言に対して、過剰に反応しなくてもよくなる。無理して被災者に寄り添おうとしなくていい。同様に他人に対しても、寄り添うようにさせようとしなくていい。

田崎が言うように、寄り添うフリだけでいいのだ。フリさえできないと、フジテレビ『ユアタイム』の市川紗椰や、今回の今村復興相のようになってしまう。この大事な作法を国民に伝えるために田崎は、被災者も見ているかもしれないテレビを通してであってもあえて指摘するしかなかったのかもしれない。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

「女の敵」改め「愛の殉教者」中川俊直議員に愛人側女性から擁護の声

[3行まとめ]
①中川議員が不倫報道を受けて要職を辞任
②批判的風潮の中、一部女性から援護射撃
③「中川氏は謝る必要なし。むしろ彼を見習うべき」

重婚疑惑をかけられている国会議員の中川俊直(46)氏。妻がいる身でありながら愛人とハワイで挙式したとか、同じ国会議員の女性と密かに会っていたなどの報道が出た。世の女性からは「女性の敵」として批判の眼差しを向けられている。

その一方で、「中川議員には男の甲斐性がある」として擁護する声も上がっている。しかもそれが女性からというのだから驚きだ。なぜなのか。

普通の不倫男性だったら、自分の愛人を世間から隠そうとする。結婚式などの愛の証を愛人が求めてきても当然応じない。それでもしつこく迫ってくるようなら、面倒くさくなってすっぱりと関係を断つ。愛人側としては、振られるのがイヤなら日陰者の立場に甘んじるしかない。

しかし中川議員は違った。度量の大きい中川議員は、「私を愛して欲しい」という愛人からの切なる訴えを懐深く受け入れた。ただ純粋に愛しあう二人の男女が密会しようが式を挙げようが、一体なにを世間にはばかることがあろう。

中川議員は早稲田大学を卒業した賢い人だ。愛人との挙式が表面化すれば辞職に追い込まれることなど想定済みに違いない。だからこそ、中川議員の愛情深さが光り輝いて見えてくる。彼は、自らの身を賭してまで真実の愛を貫いたのだ。

「それだと妻がかわいそう」と思う人もいるかもしれない。確かに、大勢の記者を前にして謝罪する妻の姿は痛々しいものだった。本来であれば、妻が謝る必要はない。さらに言えば、中川議員も謝る必要はない。議員を辞職する必要などなおさらない。

心変わりは誰にでもある。止めようとしても止められないし、起こそうとしても起こせない、人智を超えたところにあるものだ。自分でどうこうできるものではないのだから、責任をとることもできない。自分でしたことではないのに自分で責任をとろうとするほうがおこがましい。

夫の心変わりを自分のせいにする妻は何様のつもりか。気持ちが離れていった夫について、妻はただ悲しむことしかできない。不倫男性から捨てられても悲しむことしかできない愛人女性の作法となんら変わるところはない。

真実の愛に生きる愛人女性たちにとって、中川議員のような男性の存在こそが一筋の光明である。戸籍上の妻たちも、法の枠組みの中に安住するのではなく、一人の女性として、夫との真実の愛を確かめよう。そして男性たちは、こそこそ隠れて不倫に勤しむのではなく、中川議員のように正々堂々と真実の愛を追い求める器の大きい男になろう。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

女子小学生リンちゃん(9)殺害事件。PTA会長・渋谷恭正さんを犯人扱いするな

[3行まとめ]
①9歳の少女・リンちゃんが屋外で裸のまま死んでいた
②女児が通う小学校のPTA会長が死体遺棄で逮捕された
③リンちゃんの父親は容疑者に対して大人の対応をとった

ベトナム国籍の9歳の女児・リンさんの遺体を遺棄した容疑で、リンさんが通っていた小学校のPTA会長を務めていた渋谷恭正さん(46)が逮捕された。

ネット上では渋谷恭正さんを犯人と決めつける論調がまかり通っている。それは早計だ。渋谷さんは黙秘もしくは否認している。渋谷さんはあくまでも容疑者にすぎない。犯人かどうかは今後の裁判で明らかにされる。

一般人が司法手続きを正確に理解していないのは百歩譲って仕方ないかもしれない。しかし、強大な権力を持つマスメディアが不当に犯罪者の烙印を押すのは許されない。

2017年4月15日、日本テレビの報道番組『ウェークアップぷらす』で、メインキャスターの辛坊治郎(61)は「PTA会長なんて全く防ぎようがない」などと発言して、渋谷恭正さんが犯人であるかのように議論を進めていた。

このような風説を公の電波で垂れ流すからこそ、日本国民は間違いを信じこんで容疑者を犯人扱いしてしまう。凶悪な事件に不安と憤りを感じていた人々は、誤ったテレビ報道を見て自らの怒りを鎮めている。

リンさんの父親はインタビューで、なぜ娘を殺害したのかを渋谷さんに質問したいと言った。父親もまた渋谷さんを犯人扱いしているが、日本人とは違って感情的にならず、あくまでも冷静に、ただ真実が知りたいという気持ちで話していた。

この父親の態度にこそ、我々は学ぶべきだ。マスメディアが容疑者の犯人扱いをやめないなら、我々自身が、犯人とされる人物に対する接し方を変えればいい。

犯人に極刑を望んで溜飲を下げようとしたり、犯人の個人情報を暴き立てて吊るし上げたりするのではなく、リンさんの父親のように成熟した大人の対応をすればいい。

テレビでは人に対して通常「◯◯さん」「男性」などの呼称を用いるが、容疑者になったとたんに「男」と言ったり呼び捨てにしたりする。悪い奴には敬意を払わなくていいという卑しいメッセージだ。

真に受けてはいけない。視聴者は賢くなって、誰に対しても平等に敬意を払える誇り高い人間になろう。容疑者だろうが犯人だろうが、あなたがいつも他人に普通にやっている程度に丁寧に接するだけでいいのだ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

あなたの自閉度を診断。質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけ

4月2日は世界自閉症啓発デー、4月2日から4月8日は発達障害啓発週間だった。自閉症などの発達障害を知ってもらうための大切な一週間だったが、本来であれば、啓発日ではない日であっても進んで学ぼうとする姿勢が大事である。世界が発達障害を忘れようとしている本日、4月13日、筆者はあえて自閉症の記事を書くことにした。自分が自閉的かどうかを判定できるテストを以下に掲載する。30の質問にYesかNoで答えてほしい。Yesの数が多ければ多いほど自閉度が高くなる。(じっくり考えて答えを出すのではなく、質問文を素直に読んでそのまま心に浮かんだ答えを正直に言うほうが、精度が良くなる)

  1. 朝、目は覚めていても布団から出るのに苦労する
  2. 歩いているとき、前方から人が歩いてきてもよけない
  3. 後ろからきた自転車にベルを鳴らされると頭にくる
  4. なるべく他人の目を見ないようにしている
  5. 他人と目があった場合、自分からは視線をそらさない
  6. バスや電車に乗るときはいつも決まった場所に陣取る
  7. 周囲を見回すことをしない
  8. 周囲から見られている気がする
  9. インターホンやかかってきた電話に応答したくない
  10. 自分が好きな相手からは好意を持たれていると思う
  11. 得をしている人はなにか悪いことをしていると思う
  12. 自分の話したいことが話せないとつまらなくなる
  13. 他人を自分の思いどおりにしようとする
  14. 食卓にのる皿や椀などの器の数が少ない
  15. シンプルな味付けを好む
  16. 用事をしている最中に別の用事が入るとイラつく
  17. 犬や猫などの動物や人間の子供になつかれない
  18. 自分を受け入れてくれない人とはかかわらない
  19. 肩こりやそれに伴う頭痛がひどい
  20. 病気になっても病院へ行かない
  21. 美容院より1,000円カットのほうがいい
  22. 洗濯せず数日は同じ服を着続ける
  23. 後になって「ああ言えばよかった」と思うことが多い
  24. 帰宅後一人で、今日会った人との会話を回想する
  25. 野球やサッカーより水泳やジョギングのほうが好き
  26. いらないものを捨てるのが気持ちいい
  27. 自分がしてほしいことを相手に伝えることができない
  28. やりたいことでも、やれと言われるとやりたくなくなる
  29. 洗顔や入浴などに時間がかかる
  30. ふと気がつくと尿意や便意を我慢している

0~5点・・・人格者
5~10点・・・健常者
10~15点・・・性格が悪い
15~20点・・・やや自閉的
20~25点・・・自閉傾向が強い
25~30点・・・高機能自閉症(アスペルガー症候群)

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

老人を暴行中の男性グループを非難する、お金持ちの金髪メガネ美女がすごい

[3行まとめ]
①年老いた男性医師が若い男性集団から暴行を受けた
②現場に居合わせたパツキン美人が勇敢に抗議した
③我々の住む社会がより住み良いものになった

2017年4月9日、一人のか弱い老人が屈強な男性数名に取り囲まれて暴行を受けた。狭い飛行機の中での出来事であった。たまたま乗り合わせた他の乗客が事件の一部始終を撮影し、その動画がネット上で出回った。テレビで映像を見た人も多いかもしれない。

報道によると、その飛行機は満席だったが、航空会社が自社の社員4名を乗せるために4名の乗客を降ろすことに決めた。航空会社から約4万円を渡されて3人は自主的に降りたが、1人の老紳士だけは降りなかった。

彼は医師だった。患者が待っている。お金をもらって飛行機を降りるわけにはいかない。そこで航空会社は強硬手段に出た。腕に覚えのある若い男性集団を呼び出し、老医師を無理やり引きずり降ろさせた。暴行により老医師は口から激しく流血した。

航空会社による犯罪的な行動に、全国から非難の声があがっている。ただ、いま航空会社を非難している人々は、当然であるが、事件発生後しばらく時間がたってから非難しているということになる。リアルタイムで非難しているわけではない。

悪事を糾弾するのは大事だ。しかし、いま航空会社を非難している我々は、仮にリアルタイムで事件の現場に遭遇したとき、果たしていまと全く同じように非難の声を上げることができるのだろうか?

ほとんどの人ができないだろう。いざ目の前で今回のような残虐な事件が起こってしまったら、大抵は体がすくんで身動きすらできなくなるか、せいぜい自らの身の安全を守ろうとするだけだ。他人が不幸な目にあっても自分には関係ない。

しかし、そんな我々とは正反対の人格者が、今回の事件の動画に写りこんでいた。メガネをかけた金髪の女性が、大声を上げて航空会社の蛮行を非難していたのだ。

ヒステリーを起こしているわけでも、パニックに陥っているわけでもない。極めて冷静に、しかし傷ついた老医師へのあたたかい共感をこめて、暴力を振るう男性集団を厳しく糾弾した。

悪い人間は、どこにだっている。それでも社会を悪くしないためには、悪い行いを中和できるだけの善人が必要だ。悪事を中和する善行は、人知れず為すものだけではない。悪行の現場で、悪人に面と向かって為す善行こそが求められている。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/