クイズ番組で際どいアダルト回答。お茶の間を凍りつかせたモーリー・ロバートソン

[3行まとめ]
①『くりぃむクイズミラクル9』に出演したモーリー・ロバートソン(54)
②「○ン○ー○」の丸に文字を入れて意味のある単語を作る問題
③モーリーの回答→「ボンデージ」「コンドーム」「インサート」

2017年5月17日(水曜日)、テレビ朝日系列で『くりぃむクイズ ミラクル9 2時間スペシャル』が放送された。放送時間帯は19:00から21:00のゴールデンタイムということもあり、大人から子供まで、一家で安心して見られるクイズ番組となっている。

しかし、このファミリー向けの健全な雰囲気をぶち壊すアダルト回答が一人の回答者により連発された。外国人のモーリー・ロバートソン(54)である。近年では硬派な報道番組の司会を務めるなど活躍の場を広げている。

問題回答が連発されたお題は、「○ン○ー○」の丸印の部分に一文字を入れて、5文字の単語を作るというもの。もちろん意味を持つ言葉でなければならない。複数のタレントが順番に回答していく。答えられない者は次々と脱落し、ついにモーリー・ロバートソンの番が回ってきた。

「ボンデージ」、とモーリー・ロバートソンは回答。「ボンデージ」をウィキペディアで調べると、「性的興奮を得るための拘束行為」と出てくる。このウィキペディアのページには、肌を露出した女性が手足を鎖でつながれている官能的な写真まで掲載されている。

モーリー・ロバートソンは次に、「コンドーム」と回答した。「コンドーム」はゴムなどの素材で作られた膜のようなもので、ペニスにかぶせることによりスペルマの飛散を防ぐ役割を持つ。伸縮性があるため、男性が性的興奮を帯びてペニスが巨大化しても破れにくい。

とどめにモーリー・ロバートソンが繰り出した回答は、「インサート」。「インサート」とは、挿入という意味である。何を挿入するかは問わないが、「ボンデージ」「コンドーム」に引き続いての「インサート」であることを考慮すると、勃起した陰茎を挿入していると考えられる。

人が通常の社会生活を送っているとき、脳内の大脳新皮質が働いて理性を保っている。一方、飲酒時や興奮時などは大脳辺縁系という本能に近い部分の脳が優勢になる。制限時間の短いクイズ番組の回答時、周囲からやじを飛ばされカウントダウンもされるという極度の緊張状態で、モーリー・ロバートソンの理性は押しのけられ本性がむき出された。

モーリー・ロバートソンが手足を拘束され、目隠しをされ、黒いスーツの女王様にローソクとムチで責め立てられて恍惚を感じ避妊具の中に射精するシチュエーションを個人的に妄想するのは自由であるが、それを子供も見ている時間帯で公共の電波にのせて発信してはいけない。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。