復興大臣バッシングから漂う腐臭。本音は「東北でよかった」by東北以外の人

[3行まとめ]
①今村復興相の失言「東北のほうだったからよかった」
②非難している国民も本音では東北でよかったと思っている
③「『東北でよかった』と思ってはいけない」と思う必要はない

2017年4月25日、今村復興大臣がとんでもない失言で炎上した。東日本大震災からの復興を支援すべき大臣であるにもかかわらず、あの巨大地震が東京ではなく「まだあっちのほうだったからよかった」と言い放ったのだ。

この今村大臣に対して、政治評論家の田崎史郎(66)は「(被災者の心に)寄り添っているフリをしなくちゃならない」と的確な指摘をした。翌26日のTBS『ひるおび!』での一コマだ。

田崎の指摘について、愚かなネット民が炎上させようとやっきになっている。被災者を傷つけている、というのが批判の理由だ。半分は正しく、半分は間違った批判である。被災者も視聴するであろうテレビで田崎が発言したことを批判するのは正しい。

しかし、公の場で発表するのではなく、田崎が心の中で思っていること自体を批判するのは間違っている。それは今村大臣についても同じだ。今村が心の中で「地震が東北でよかった」と思っているぶんには、誰からも非難されるいわれはない。

落ち着いて考えてみればいい。自分の家が地震で壊れるのを喜ぶ人間がどこにいるのか。大震災が自分の住んでいる地域で起こらなくて良かった、などというのは誰でも思う普通のことである。つまり、あなたが東北に住んでいないなら、「地震が東北でよかった」というのがあなたの本音だ。

あなたを責めているのではない。誰でもそう思うものだ。東北の人だって、ヨーロッパのテロ事件が東北で起こらなくてよかったというのが本音である。自分に被害が及ばなくてよかった、と思ってしまう自分をダメだと否定する必要は全くない。

そういう自己否定の気持ちをなくせば、あなたが否定したかったあなた自身の嫌な面が投影された今村大臣の失言に対して、過剰に反応しなくてもよくなる。無理して被災者に寄り添おうとしなくていい。同様に他人に対しても、寄り添うようにさせようとしなくていい。

田崎が言うように、寄り添うフリだけでいいのだ。フリさえできないと、フジテレビ『ユアタイム』の市川紗椰や、今回の今村復興相のようになってしまう。この大事な作法を国民に伝えるために田崎は、被災者も見ているかもしれないテレビを通してであってもあえて指摘するしかなかったのかもしれない。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。