消えた濱田岳のカルピスCM。合唱団の所属児童に性的虐待の疑い

[3行まとめ]
①濱田岳(28)が出演する飲料水のTVCMが流れなくなった
②濱田の後ろで歌う児童合唱団メンバーに性的虐待疑惑
③AKB河西智美(25)手ブラ写真集は児童ポルノの疑い

草花が青々としてくるこの季節、小さな男の子がいる家では鯉のぼりが泳ぎだす。5月5日はこどもの日、特に男児の息災を祝いかつ願う日本の祝日だ。このめでたい日に言うべきことかどうか迷うが、とあるテレビコマーシャルで外国人の男児が性的虐待の被害に遭っている可能性がある。

そのCMで宣伝しているのは『アサヒおいしい水プラスカルピスの乳酸菌』という飲料品。俳優の濱田岳(28)が男児ばかりを集めた児童合唱団と一緒に歌を歌うという内容だ。一見するとほほえましいだけのように見えるが、実は彼らが歌わされている歌の歌詞の一部が問題となっている。

批判を浴びているのは、歌詞の中の「あまずっぱいぱい」という箇所だ。「ぱいぱい」というのはバストのことである。バストの大きさを売りにしているタレントの仲井優希(26)が芸名として『ぱいぱいでか美』を使用していることからも、「ぱいぱい」とはバストのことだとわかる。

性的な意味を持つ「ぱいぱい」という言葉を、年端もいかない少年たちに歌わせてしまったことが問題視されているのだ。合唱団のメンバーの中には日本人だけではなく外国人も多く含まれていた。

外国人の男児に対する性的虐待で思い出されるのは、2013年に発生したAKB48河西智美(25)の写真集問題。外国人男児が河西のバストをおさえさせられている写真に対して、「児童ポルノ禁止法違反の可能性がある」と弁護士から指摘がなされた。

児童ポルノ法で禁止されているのは、児童本人の性的な姿だけではない。児童が他人の性的な部分に触れているものも禁止されている。まだ十分な判断能力が備わっていない児童を性的に搾取することになるからだ。

性的な言葉を言わせても現状では児童ポルノに該当しないが、児童を性的搾取から保護するという法の本来の趣旨からすれば、「ぱいぱい」のような性的な言葉を言わせることも不適切と言わざるをえない。

濱田岳カルピスCMのような児童性的虐待の蔓延を防ぐため、早急な法整備が求められる。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。