「わかってんならやるな」坂上忍、元ストーカーに暴言

[3行まとめ]
①坂上忍の番組に元ストーカーの一般男性が出演
②ストーキングをやめたくてもやめられなかった心情を告白
③坂上忍は「わかってんならやるな」と恫喝(どうかつ)した

坂上忍がまたいい人ぶって視聴率を稼いだ。2017年4月3日放送のTBS『好きか嫌いか言う時間』は、ストーカー問題がテーマ。過去にストーカー被害にあった女性の恐ろしい体験談が披露された。さらに、いまは違うがかつてストーカーだったことがある男性の告白もあった。

元ストーカー男性は「やめたほうがいいとはわかってはいるけれど、ストーカーをやめることができなかった」と、当時の思いをカメラの前で話した。この告白を聞いた坂上忍は一瞬で厳しい表情になり、「わかってんならやるな」と恫喝した。

スタジオ内の被害女性たちはきっと、坂上忍の力強く頼もしい発言を胸のすく思いで聞いていたことだろう。自分を傷つけた許せないストーカーに対して、絶大な権力を持つ有名人の坂上忍が代わりに攻撃し返してくれたのだから。

しかし、この発言こそが逆に新たなストーカー被害を広げてしまう事実に、坂上は気づいていない。

わかっていてもやめられないというのは依存状態である。ギャンブル・アルコール・ドラッグなど、依存症になると自力で脱出できないものがたくさんある。ストーカーもその一つで、解決するためには周囲の助力が必要となる。

何かに依存する原因は人間関係のストレスである。既にストレスをかかえている依存者に対して、坂上がしたように暴言を吐いてさらなるストレスをかけてしまうと、彼らをますます依存の道へと追いやってしまうことになるのだ。

今回の放送で坂上から攻撃された男性一人の問題ではすまない。このようなストーカー攻撃がテレビで放送されることにより、全国のストーカー加害者はどんどん追いつめられる。やめたくてもやめられず、どんどんストーカー行為がエスカレートしてしまう。

坂上から暴言を浴びせられた元ストーカーの彼は現在、ストーカー加害者の更生を支援する活動を行っている。坂上のような暴言に同調しがちな息苦しい社会からストーカーを守り、地道に一人一人と向き合ってストレスを緩和していくことで、やめたかったストーカー行為をやめられるように手助けしている。

本当にストーカー被害を減らすことができるのは、このような活動だ。坂上のようにただ「わかってんならやるな」と怒ってガス抜きをするだけでは逆効果である。坂上忍は自らの好感度と視聴率を上げるために将来のストーカー被害を増加させるという悪質な行為を慎むべきだ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

「「わかってんならやるな」坂上忍、元ストーカーに暴言」への1件のフィードバック

  1. 私は、出演していた元ストーカーで現在ストーカー加害者の更正支援をさせて頂いておりますストーカーリカバリーサポートの守屋と申します。
    貴方の様に本当にストーカー犯罪を撲滅するには加害者の更正以外にない事を理解し更正支援の必要性に御理解を示して下さる方の御意見は勇気付けられます。
    本当に有り難う御座います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。