てるみくらぶ内定取り消し女子学生が客を心配。この優しさが採用の決め手か

[3行まとめ]
①旅行会社「てるみくらぶ」に就職予定だった女性に賞賛
②内定が取り消され不安な中、客の心情に配慮する発言
③自分のことにしか関心がない学生と違って引く手あまた

つぶれることになった旅行会社『てるみくらぶ』。同社から採用の内定が出ていた女子学生に賞賛の声があがっている。カメラの前に姿を表したのは、およそ50名の内定者のうちの一人の女性。2017年3月29日のテレビ朝日『グッド!モーニング』でインタビューが放送された。

彼女は5日後に社会人になるということで期待に胸を膨らませていたという。ところが就職先が倒産して内定を取り消され、今後どうすればいいか途方に暮れている不安な心情を吐露した。

それだけなら、視聴者は「ああ、かわいそうに……」程度の感想で終わらせたかもしれない。彼女が賞賛されるに至ったのはなぜか。それは、この女性は自身が大変な目にあっている最中であるにもかかわらず、他者の不運にも心を配っていたからだった。

彼女は、てるみくらぶで旅行を計画していた利用者たちの悲しみを気づかう言葉を発したのだ。自分のことだけではなく、見ず知らずの他人のことまで配慮できる清らかな心の持ち主である。こんなふうに感じることができる就活生は一体どれくらいいただろう。

公益財団法人日本生産性本部の調査によると、今年の新入社員の特徴はポケモン型だという。野生のポケットモンスターは無限に生息しているので、どんどんゲットしていっても別の誰かがゲットできなくなるということはない。

一方、就職先の座席には限りがある。優秀な学生にしかゲットできないため、自分の力を高めることにみな注力している。しかし、これがかえって内定をゲットできない理由となっている。

自分のことにしか関心がない人物は、果たして魅力的だと言えるだろうか。自己分析や自己アピールに必死で、自分のことばかり話したり自分がどう見られるかばかり気にする自意識過剰な人は、本人がいくら有能なつもりでも、周りから見ればつまらない人間である。

てるみくらぶの就職内定が取り消された学生たちに共感することができるか。それとも、ライバルが減って嬉しいと感じるのか、優秀な人が不幸な目にあってざまあみろと思うのか。

資格やスキルのある人が優秀なのではない。本当に優秀で内定をもらえる人は、てるみくらぶの女子学生のように、他人に関心を寄せることができる人である。聖人のように献身する必要はない。形だけの同情ではない、無意識にふと出てきてしまう心の声としてのささいな関心さえあればいい。

このような人間的な精神を備えた人なら、てるみくらぶでなくても欲しがるだろう。実際、財団法人宿泊施設活性化機構が無試験で内定を出すと言っている。就職活動、ひいては人生に困らないためには、自己にしか関心がない幼稚さから卒業することが大切だ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。