ソフトバンクCMが犯罪を推奨。息子のチキン詐取計画に父が助言

[3行まとめ]
①ソフトバンクCMのお父さん犬が息子の悪事を注意
②息子は学生のふりをしてチキンをだまし取ろうとした
③白戸家の教え「バレないように上手にだませ」

通信会社ソフトバンクのテレビコマーシャルが物議を醸している。今月から流れ始めた新バージョンのCMで、白戸家の次男であるつよしが意地汚い悪事を働こうとしているのだ。

ソフトバンクのスマホ利用者は毎週金曜日に唐揚げを1個もらえることになっているが、学生の場合は特別に2個もらえる。これに乗じてつよしは自らの身分を学生と偽り、1個余分に唐揚げを獲得しようと画策する。

しかし白戸家の大黒柱である白戸次郎は許さなかった。「そういうのバレるからダメ!」と息子を一喝し、父親の面目躍如となったのだ。

これで一件落着……と思いきや、そうは問屋が卸さない。一見立派な白戸家の教育方針だが、実はとんでもない裏のメッセージが潜んでいる。白戸次郎はつよしに、嘘をついてはいけないと言った。理由は、バレるから。では、バレなかったとしたら……?

「バレるからダメ」というのは、裏を返せば「バレなければダメじゃない」ということ。口で学生と詐称するだけではなく、ちゃんと学生服を着て学生帽をかぶって学生鞄を肩がけにして学生証を偽造して、バレないように周到に準備してから唐揚げをもらいにいけという人生の先輩からのアドバイスだったのだ。

だったら直接そう言えばいい、と思うかもしれない。それはできない。近くには妻も娘もいる。悪事を明示的に指示してしまえば自分が非難される。とはいえ、息子には賢く生きられる大人の男になってほしいと願う気持ちも本当だ。

だから、「ダメ!」の前に、「バレるから」という条件を付けてあげた。唐揚げの詐取は本当にダメだと思っているのならば、◯◯だからなどという理由をつけずただ単に「ダメ!」と言えばいい。白戸次郎は本当は、唐揚げを騙し取ることを奨励している。そういうしたたかな人間であれと思っている。

できることはした。あとは、つよしがこのメッセージをきちんと受け取れるかどうかだ。「ダメだ!」の部分だけ聞いて素直に唐揚げをあきらめてしまうようでは、将来が思いやられる。表面的な言葉だけではなく、言葉の裏、行間、さらには言葉以外の表情や態度などを総合的に観察し、隠された意味を見いだすことができるか。

全国のファミリーマート、サークルK、サンクスで、唐揚げをタダでもらおう。3月は金曜日が5回ある。最低でも5個はゲットできる。そして、できれば10個を狙うべし。身分を偽ることを恐れるな。大事なことはみんな白戸次郎に教わった。白戸家の教えを守り、立派な跡継ぎへと成長してほしい。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。