オリラジ中田「ラ、ライバル?w」ベテラン歌手『さいたまんぞう』を小馬鹿にする

[3行まとめ]
①ご当地ソングで一世を風靡したベテラン歌手・さいたまんぞう
②歌唱力をオリラジ中田に小馬鹿にされる
③新曲をテリー伊藤に小馬鹿にされる

2017年2月24日放送のTBS『爆報!THEフライデー』で、お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦(34)が、歌手のさいたまんぞう(68)の新曲を鼻で笑った。中田は『RADIO FISH』の一員として歌手活動もしている。同じ歌い手としての大先輩で、しかも倍も年齢が上のさいたまんぞうに対し、上から目線で見下したのだ。

さいたまんぞうは、かつてタモリ(71)に才能を見出されて歌をヒットさせた実力派シンガー。しかし現在は草野球の審判をするなどして月5万円の生活費でやりくりしている。そのさいたまんぞうが、この度新しく曲をリリースすると報じられた。

スタジオゲストのテリー伊藤(67)は、ニヤけながら「これは売れる!」と太鼓判を押した。もちろん皮肉だ。オリラジ中田のストレートな軽蔑とは別種のいやらしさが出ている。

テリーはさいたまんぞう以外にも多数の芸能人に対して相手をさげすむ発言を繰り返している。『爆報!THEフライデー』では、多くの元女優や元モデルが紹介される。年月を経て年老いた彼女たちに対し、テリーはしばしば「まだまだ綺麗だね」「今のほうが綺麗だよ」のような褒め言葉を放つ。

「ほめてるんだからいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれない。しかし、人をほめるというのは、その人を自分よりも下に見ているという心理の表れである。自分と対等の人間に対しては、人はほめたりなどしないのだ。テリー伊藤はなぜか自分が上の立場だと思い込んでいるようだ。

オリラジ中田は、「さいたまんぞうはRADIO FISHのライバルになるか?」と問われ、「ラ、ライバル?」と小バカにした顔をした。続けて、「再ブレイクを目指すさいたまんぞうに対し、「再ブレイクは本当に才能がないと難しい」と、上から目線で忠告する。中田は自らの歌唱力に相当のプライドを持っているようだ。

MCに「また叩かれるぞ」とツッコミを入れられたところで、一連のやりとりは終了。同世代のテリー伊藤にも、子供ほどに年の離れた中田にも、徹底的にバカにされっ放しだったさいたまんぞうは、このオンエアを見て一体何を思ったのだろうか。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

「オリラジ中田「ラ、ライバル?w」ベテラン歌手『さいたまんぞう』を小馬鹿にする」への2件のフィードバック

  1. 爆報フライデー。
    あの人は今、的な番組ですよね。

    自分が世代だった人が出ていた場合は見るのですが、別段毎回見よう‼という番組ではありません。

    しかし…
    先日「最近の番組の視聴率の傾向はどうなっているのだろう」と気になり、調べて見ると。
    (2/ 6~2/12 関東地方調べ)
    バラエティにおいて、爆報フライデーが12.8%で10位となっており、かなりビックリしました。

    視聴者のターゲット層としては、どこにあるんでしょうねぇ

    1. そんなに人気がある番組だったんですね!
      知らずに見てました。
      若い人は全然知らない人が出てきて面白くないと思うんで
      やっぱり中高年向けなんでしょうかね~??
      時代が下るにつれて年齢でのまとまりもなくなってきてるから
      これからはこういう系の番組もなくなっていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。