「クソ食らえだ!」ペットビジネスにキレる坂上忍←お前が犬のクソを食え!

[3行まとめ]
①坂上忍がペットビジネスを否定
②動物の苦痛の上にまわる経済はダメ
③人間は苦しくても我慢して仕事しろ

2017年2月20日(月)、TBSテレビ『好きか嫌いか言う時間』で、ペットの殺処分問題が議論に上った。悪質なペットショップの実態が紹介され、犬や猫がまるで工業製品のように、命に対する敬意を払われず扱われている現実に一同衝撃を受けていた。

しかしペット産業は大きな市場を形成している。動物を売り買いすることで経済効果が上がっているのもまた一面の事実。これを指摘した外国人コメンテーターに対し、MCの坂上忍が「そんなことで経済がいいなんてクソ食らえだ!」とキレた。

もちろん、坂上は全てのペット商売を否定しているわけではないだろう。坂上自身も多数の犬を飼育している。ペットフードや病院の診療代など、動物を飼育する上では必ずお金のやり取りが発生するのだ。

坂上が問題視しているのは、動物を苦しめてまでもうけようとする人間の存在だ。ペットフードを与えれば、犬は喜ぶ。動物病院で診てもらえば、犬は病気が治る。犬の幸せにつながる商売ならいいが、犬を不幸にする商売がダメと言っている。

これだけ聞けば、坂上にしては珍しい正論だ。しかし、だまされてはいけない。坂上は清水富美加に対しては正反対の主張をしている。

清水は芸能界での活動に苦痛を感じていた。一時は自殺を考えるほど苦しんでいた。悩みに悩み、考えに考え抜いて、やむなく出家という判断を下した。それなのに坂上は別番組で「擁護するつもりは一切ない。結果的に仕事を飛ばしたわけだから」と言い、清水の苦痛よりも経済がまわることを優先した。

確かに清水は仕事に穴を開けたことで、事務所や関係者に多大な迷惑をかけた。だが、死にたくなるほどの苦痛を我慢してでも仕事をしなければならないという道理はない。坂上にとっては、動物の苦痛の上にまわる経済はクソ食らえなのに、人間の苦痛の上にまわる経済はクソ食らえではないようだ。

いくら愛犬家でも決して許される考えではない。動物には共感できても人間には共感できない人格障害者なのだろうか。それとも意図的にある種の社会形成を目論んでいるのだろうか。坂上のような一部の勝ち組に有利で、大多数の負け組には厳しい格差社会の形成を。坂上こそ犬のクソでも食ってろ。

イケメンで有名な俳優が優れた演技力で「クソ食らえだ!」と叫ぶ姿はカッコいい。だからこそ、視聴者はだまされないように気をつけなければならない。感情で釣られてはいけない。理屈で考えろ。坂上は本気で筋を通したいわけではなく、その場その場で最も面白がられるような演技を意図的に選んで実行している機械にすぎないのだから。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。