SHELLY、人気者りゅうちぇるとぺこを全否定!若い芽は小さいうちに摘む?

2017年2月7日、日本テレビ『今夜くらべてみました』でモデルのSHELLY(32)が、同じくモデルのりゅうちぇる(21)を存在ごと全否定した。問題のシーンは番組後半、タレントの徳井義実(41)から司会を交代した『SHELLYの気になる24歳』のコーナー。

SHELLYは、りゅうちぇるのような人を異性として「わー素敵」「カッコいい」と感じる24歳女子が理解できない、と主張。しかもそれをわざわざ手書きでフリップに書き記し、これみよがしに見せつけていた。

さらにSHELLYは、りゅうちぇるのような男性と「手をつなぎたい」「キスしたい」という異性感が意味不明、とまくし立てる。お笑いコンビ『フットボールアワー』の後藤輝基(42)もそれに乗っかり、「彼らよりも上の世代は無理」と述べた。

SHELLYはりゅうちぇるの魅力を全否定しただけではなく、りゅうちぇるを異性として魅力的に感じて結婚までしたぺこ(21)をも同時に否定したことになる。多数の日本人に支持され祝福されているお似合いのカップルを素直に受け入れられないらしい。

この嫌な流れを変えようとした徳井は、「(りゅうちぇるのような男子は)あの感じのままでチューとかすんのかなあ?」と、あえて下世話な話を振る。SHELLYは「そういうときって急に男になるのか、何なのか……」と、理解できないという顔をしていた。

そこへ指原莉乃(24)が割って入る。「急に男になるのむっちゃイイ!」と、まるで漫☆画太郎のマンガの登場人物のような表情で叫んだのだ。苦笑するスタジオゲストらを尻目に、指原は興奮状態のまま自分の話を続けた。

結果、SHELLYのぺこ&りゅうちぇる批判はうやむやになったまま終了。SHELLYがなぜ彼らをそこまで敵視するのか、その理由は明らかにされずじまいだった。新たな人気モデルの登場に、自らの地位が脅かされるのではないかと危機感を持っているのかもしれない。

外見で売ってきた者は、年齢を重ねて外見的魅力が失われるにつれて存在意義も薄れていく。たとえぺこ&りゅうちぇるを潰したとしても、若い芽は次から次へと出てくる。きりがない負け戦はやめて、新しい道を見つけて生きていこう。

画像:『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました|日本テレビ』
http://www.ntv.co.jp/konkurabe/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。