坂上忍、ブス専をテレビ初告白「俺は美しいものが好きじゃないんです」

2017年2月6日、TBSテレビの『好きか嫌いか言う時間』で、人気男優の坂上忍(49)が自らの特殊な性癖を告白した。一般の感覚では美人やイケメンなどが好まれているが、坂上は少々ためらいながらも「俺は美しいものが好きじゃないんです……」と正直に白状したのだ。

これを初めて聞いた人は、大きな違和感を覚えるだろう。なぜなら坂上は不美人に対して厳しいことで有名だからだ。というよりも、「ブスは嫌い」「ブスとレストランに入るのは恥ずかしい」などの歯に衣着せぬ物言いで坂上は数年前に再ブレイクした。

しかし、最近の坂上はどうか。前ほど”ブス嫌い”を全面に押し出している感じはない。むしろそんな過激発言は封印し、大衆にこびた正論をぶつ場面が目立つ。ブレイク状態を維持したいがため、安易な人気取りに走っているのだろうか。

そうではないことが今回判明した。本当は坂上は不美人が好き。不美人に優しい最近の坂上のほうが本来あるべき姿であり、過去”ブス嫌い”発言を連発していたのは偽りの坂上だったのだ。

これを心理学では反動形成と呼ぶ。本心と真逆の振る舞いをしてしまうというものだ。小学生がクラスの好きな子をいじめる、といった例がわかりやすい。なぜ好きなのにいじめるのか。人を好きになるのはいけないことだ、と小学生は思っているからだ。

坂上に当てはめれば、不美人を好きなのはいけないことだと思っていたため、正直に気持ちを表すことができず、全く逆の”ブス嫌い”発言をすることになってしまったのだ。しかしこのように本音を隠し続けることは、どんなに我慢強い人間であっても不可能なこと。

ついに今回、坂上は本心をもらした。彼にとっては恥ずかしいことだったかもしれないが、芸能人ほど美形ではない我々一般人にとっては歓迎すべきことである。美しくなくても、美しい人から好かれることがある。希望を捨てずに現実を生きていこう。

画像:『好きか嫌いか言う時間|TBSテレビ』
http://www.tbs.co.jp/sukikakiraika/

「坂上忍、ブス専をテレビ初告白「俺は美しいものが好きじゃないんです」」への2件のフィードバック

  1. 美しいものが、好きではない…

    これが、どの程度の不美人を指すのかが、気になりますよね。

    よく、アイドルや女優さんが「一般の方」と結婚ってなった時に、世間の一般人は「サラリーマン」なのに対して、IT企業社長とか医者などだったりして「なーんだ」ってことが往々にしてあるので…

    ミスユニバースに出ているようなとか、いかにも芸能人というような圧倒されるような美人では、好きではないって程度なのでは?と、思ってしまいます。

    1. ひどいときには元アイドルとか元モデルっていう場合もありますからね〜w
      芸能人ではないっていう意味で一般のかたって言ってるんでしょうね。
      坂上さんが嫌いなのがそういう圧倒的な美だけなら、
      やっぱり夢も希望も大して持てませんね^o^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。