『タラレバ娘』から学ぶ、いや~な不倫男にひっかからない方法

2017年2月1日水曜日、『東京タラレバ娘』の第3回放送で、いや~な不倫男が登場した。

主人公の女友達である小雪は、いい仲になった年上イケメンの丸井が既婚者だと知らされる。丸井への恋心に冷水を浴びせかけられたのだ。だが火は消えなかった。丸井は妻がいることを正直に打ち明けてくれたし、その上で、付き合うか付き合わないかの選択権を小雪に持たせてくれた。そんな丸井は誠実だと思い直し、小雪は彼の好意を受けいれる。

しかし、丸井は誠実ではないと筆者は考える。誠実な男を装ったひきょう者だ。

小雪は、丸井と付き合うかどうかを自分で選んだと思っている。それこそが丸井の狙い。小雪は、丸井が妻帯者であることをわかったうえで、そこも含めて彼と付き合う選択をしたことになる。後になって小雪に「結婚したい」などと言われても、丸井は「最初に妻帯者だって言ったじゃん」と一蹴できるのだ。

つまり丸井は、結婚した状態を変えることなくそのままで、妻以外の女性とも堂々と付き合えることとなった。

もちろん、付き合うかどうかの選択権を小雪に与えてしまったのだから、場合によっては交際を断られる可能性もあった。しかしこうかつな丸井はそのあたりも抜かりない。小雪が自分ひかれていることを確認した後に、既婚者であることを伝えた。小雪からすれば、いったん好きになってしまった以上、丸井を手放すのは惜しい。

出会った当初から既婚者だと知っていたならば、小雪は丸井に近づこうなどとは思わなかっただろう。丸井はそれを完全にわかったうえで、既婚者だとバラすタイミングを見計らっていたのだ。いくら賢い小雪でも、恋をして冷静さを失えばコロッとだまされてしまう。

『東京タラレバ娘』をしっかりと見て、不倫男にだまされない方法を学習しておこう。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。