出川哲朗、ピコ太郎を「ただのユーチューバー」呼ばわり

2016年12月30日(金)18:30から、人気バラエティ番組『アメトーーク!年末5時間SP』がテレビ朝日で放送された。

『ザキヤマ&フジモンがパクりたいGP』、『運動神経悪い芸人』、『出川と狩野』など、過去の放送で評判の高かった名物コーナーが、新作を引っさげて勢ぞろい。

『出川と狩野』コーナーでは、お笑いタレントの出川哲朗(52)が、同じマセキ芸能社所属のお笑いタレント狩野英孝(34)とともに登場。世間で話題になっているワードを面白おかしく解説して好評を博した。

そのうちの一つ、”ピコ太郎”というワードについての出川の解説がネット上で波紋を呼んでいる。

ピコ太郎は、動画投稿サイト『YouTube』での楽曲『PPAP』のヒット以来、複数のテレビCMに出演するなど活躍の場を広げている。そのピコ太郎を出川はなんと「ただのユーチューバー」と評したのだ。

それに続く解説では、出川もきちんとピコ太郎を認める言葉を発している。ただしそれはメジャーになったピコ太郎に対してだけ。他のYouTuberを下に見るかのような先の一言には、出川本人からも他の出演者からもフォローはなかった。この事実に対し、一般視聴者である筆者は胸中複雑な思いである。

確かに、知名度という点では全国ネットのテレビ番組に数多く出演する出川らのほうが勝っている。芸の面白さでも出川より優れているYouTuberは少ないかもしれない。しかし、仮に無名でつまらないとしても、彼らを「ただのユーチューバー」などと見下していいということにはならないはずだ。

芸能人が一般人をさげすむ例としては他に、お笑いコンビ『フットボールアワー』の後藤輝基(42)の発言がある。自動車乗車中に渋滞にはまってイライラした挙句、自分のほうが税金を多く払っているのだから道を譲ってほしいというような内容の言葉を放ったと、ある番組内で暴露されてしまったのだ。

公共の道路を使用するにあたり、納めた税額の大小で優先順位がつくわけはない。それは後藤も了解しているはずで、だからこそあくまでも私的な空間(車内)でだけ愚痴をこぼしたのだろう。ただ、それが公表されてしまったことで、我々は後藤の人となりを垣間見ることができた。

出川の「ただのユーチューバー」発言も、収録中とはいえ、テンパッて意図せず漏れてしまったのだろう。人の本音が出るのはそういうときだ。オタクのファンを見下すアイドルが一部にいるのと同様に、残念ながら視聴者を見下す芸能人も一部には存在する。

とはいえ、筆者は芸能人を批判できない。彼らと同じ立場になっても同じようなことを考えない、という確固たる自信が持てないからだ。もしも有名人になったら、もしも高額納税者になったら、果たして自分は無名の貧乏人をバカにしないと言い切れるだろうか……?

言い切れる人は、堂々と批判する資格がある。言い切れない筆者は、批判ではなく一部の芸能人の発言にただ寂しくうなずくだけ。芸能人でも人間なのだし、ああいう考え方になってもしかたがないのかもしれない。人間性と芸は別ものととらえ、筆者はこれからもバラエティ番組を楽しんでいきたい。

 

画像:『出川哲朗 official ブログ by ダイヤモンドブログ』 http://www.diamondblog.jp/official/degawablog/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。