『下剋上受験』の中卒主人公をうらやむ高学歴エリート

2017年1月13日22時から、TBSの金曜ドラマ『下剋上受験』第一回が放送された。中卒の両親から生まれた娘が中学受験をするという物語だ。

俳優の阿部サダヲ演じる父親・桜井信一は、学歴に頼らず実力で生きてきた。仕事も立派にこなし、幸せな家庭まで築いている。

ところがある日、中卒ということで職場で不利な扱いを受けてしまう。経験も技術もある自分がなぜ…… 子供には将来こんな悔しい思いをさせたくないと考えた信一。小学生の娘・佳織に中学受験を勧める。

日本では中学校までは義務教育と定められており、小学校を卒業すれば誰でも無試験で中学校に入学できる。ただ、それは公立の中学校の場合だ。

公立中学よりも進学実績の高い私立中学もある。信一と佳織は将来の高校・大学進学も見据え、私立の中学校を目指すのだ。そのためには入学試験に合格しなければならない。父娘の奮闘が始まった――

このドラマの内容に、高学歴エリートが異を唱えている。そう聞くとつい、「中学受験はそんな甘いもんじゃない」といった類の批判を想像してしまうが、全く違った。いわく、「あんな幸せな人が、なぜ中学受験なんかに興味を持つんだろう」ということだ。

社会に出たら、学歴よりもストレス耐性や対人コミュニケーションなどが重要になる。それらの能力は受験勉強をしても身につかないし、受験勉強にかまけることでむしろ、人間として大事な力を養う機会を失ってしまう。

人間として大事な力を養う機会とは、どういったものか。それこそ、中卒の信一の生き様を見ればわかる。信一は、犬の散歩中の人にも、配達中の郵便局員にも気軽に声をかける。彼の周りには人がたくさんいる。仲の良い友達も、愛しあう妻もいる。大勢の多様な人々の中で生活することにより、自然と人間力が培われていったのだ。

人間力が高いと、人は幸せになれる。まさに信一がそうだ。確かに、たまには学歴のせいで理不尽な扱いを受けることがあるかもしれない。しかしそれは、そう扱う側の人間に問題があるだけ。やられた側は落ち込んでしまうものだが、信一には親身になって共感してくれる友や妻がいる。復活して明日からまたがんばれる。信一の幸せは、こんなトラブルなどではみじんもゆらぎはしないはずだ。

中卒の信一が手にしている幸せを、先の高学歴エリートは持っていない。喉から手が出るほど欲しがっているというのに。幸せへのパスポートである人間力を身につける時間を、別のことに使ってしまった。受験勉強の代償はあまりにも大きかった。

既に人間力を備えた人が受験勉強をするなら問題はない。幸せと同時に学歴も得られるというだけだ。人間力の高い信一に育てられた佳織は、ある程度の人間力を身につけている。この父娘はきっとハッピーエンドを迎えることだろう。

画像:「金曜ドラマ『下剋上受験』|TBSテレビ」
http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。