土佐銘菓『かんざし』おいしさの決め手は銀紙

高知県の名物といえば何を思い浮かべるだろうか。ゆるキャラ「カツオ人間」が作られるほどカツオは有名だが、今回はスイーツ枠ということで土佐銘菓『かんざし』を紹介しよう。高知市の株式会社浜幸が製造・販売する『かんざし』は、日本で初めて開発された銀紙焼き菓子である。

柔らかい饅頭生地を銀紙で包み、その銀紙ごと焼くという製法だ。これだけ聞くと簡単そうだが、具体的なプロセスを想像してみると困難さが浮き彫りになってくる。焼く前の生地はドロっとしているので包みにくい。無理に包もうとすると薄い銀紙が破れてしまう。やっとの思いで包んだとしても、まだ固まっていないので形が崩れてしまう……

そこまでしてなぜ銀紙での包み焼きにこだわったのか。浜幸の浜田幸広社長によると、石焼き芋の石の役割を銀紙が担っているという。言われてみれば、このホクホク感は確かに焼き芋に通じるところがある。単なる焼き饅頭とも蒸し饅頭とも異なる、独特のソフトな食感だ。舌触りが良く、しっとりした甘みが口の中に広がっていく。この味わいを引き出すための苦労だったのだ。

味以外にも重要なポイントがある。表面にあしらわれたかんざし模様だ。一見何の変哲もない絵だが、思い出して欲しい、銀紙に包まれていたことを。普通の饅頭のような焼き印は使えない。まさか銀紙の上から焼き印を押すわけではあるまい。この絵は一体どうやって描かれているのか。詳細は述べられないが、特許を取得した特殊な技術が用いられているのだ。

絵もかんざしなら名前もかんざし。ここで根本的な疑問に立ち戻る。なぜ、かんざしなのか。高知県に古くから伝わる民謡「よさこい節」に謎を解く鍵がある。以下、歌詞の一部を引用した。

土佐の高知の 播磨屋(はりまや)橋で 坊さんかんざし 買うを見た ヨサコイ ヨサコイ

坊さんとは仏教の僧侶であり、頭を剃髪している。つまり、髪の毛がない。にもかかわらず髪を結う道具であるかんざしを購入したというのだ。現代で言えば、男性である筆者がブラジャーを買うようなもの。そんな奇妙な光景を目にした人々が、面白おかしくはやしたてたとしても不思議ではない。種明かしをすると、筆者と異なり色男の僧侶は愛する女性のために買ったらしい。

背景にある純愛物語に思いを馳せると、またひときわおいしく感じられる。銀紙包み焼き製法のため、賞味期限は1ヶ月弱とかなり日持ちがする。贈答用にはうってつけだ。自分のためではなく誰かのために、あなたも土佐銘菓『かんざし』をプレゼントしてみてはいかがだろうか。

画像:筆者撮影

『ヒメアノ~ル』の主人公はあなただったかもしれない

2016年11月2日にDVDが発売された『ヒメアノ~ル』、劇場で見てきたのはだいぶ前ですけど、思い出したので書いておきます。

V6の森田剛(37)さんの演技がヤバ過ぎると話題だったのですが……本当にヤバかった!映画館から出てきてしばらくへたりこんじゃいました。あまりにも気分が悪くて。

演技がヤバいと言っても、下手だという意味ではありません。つまらない映画だったと言いたいわけでもありません。良い意味で気分が悪くなりました(変な言い方ですがw)。

最初は普通の青年っぽかったんですよ、森田さん。まあ、ちょっと暗い感じはしましたけど、普通にカフェでくつろいでたり、普通に飲み屋で食事してました。

思えばそこから始まってたんですね、彼の狂気は。幼なじみの友達とのやりとりの中で、さ細だけど決定的な違和感が垣間見えます。

そこから急転直下、怒とうのように彼の野生が暴走。人を人と思わず、動物が獲物を狩るかのように、無表情で淡々と殺りくを繰り返します。

むき出された欲望は、本能に近いところまで深く根を下ろしています。修正は困難。闘争の果てに彼は息絶え、いびつな生命のくびきから開放されました。

救われない話のように見えますが、実際の現実だってそんなもんですよね。不合理なことはいっぱいあって、それでもしかたなく生き続けています。

今はまあまあうまくやっている人たちも、たった一歩踏み外すだけですぐに彼と同じようになり得ます。一見堅固な日常の危うさ、もろさを感じさせてくれる強烈な作品でした。

映画:『映画『ヒメアノ~ル』 | 大ヒット上映中!』
http://www.himeanole-movie.com/

熊野古道(くまのこどう)、世界遺産の道歩き


京都府などがある近畿地方(赤い丸で囲まれた部分)。近畿地方の南側半分にあたる紀伊半島。紀伊半島は、赤道から温かい海水を運ぶ黒潮(青い矢印)のおかげで温暖な気候となり降水量も多く、たくさんの植物が山々を覆っています。この紀伊半島の海側のほうが熊野と呼ばれる地域です(右拡大図の緑色の部分)。

熊野という地名の由来には諸説あります。
1.死者が隠れる地という意味の「隠野(こもりの)」が変化して「熊野」になった。
2.未開地という意味の「野」に、奥まったところという意味の「隈」がついて、やがて「熊野」になった。

死者の地にしろ未開の地にしろ、日常的で身近な場所というわけではなさそうですね。
悠久の歴史が育てた熊野の大自然は、古代人にとって容易には近寄りがたい神秘性を帯びていました。

山、岩、木、滝……人智を超えた様々な自然物が神と崇められ、神を祀る社も作られていきます。こうして熊野地域にできた神社には、京都などからも人々がお参りにやってきました。彼らが通った、熊野の神社へと続く長い道――それが熊野古道です。

道中には王子社(おうじしゃ)という、熊野の神の子供が祀られた場所が幾つかあります。お参りをする人々は王子社に立ち寄り旅の疲れを癒やしながら、神社への長い道のりを進んでいきました。

舗装もされていない険しい山道をひたすらに歩く……そのこと自体が神への祈り、厳しい修行、自己との対話、あるいは愉快な娯楽となり、熊野の神は人々と共にあり続けました。

平安時代の皇族や貴族、鎌倉時代の武士や農民、そして現代に至るまで大勢の人々が熊野古道を歩いてきました。平成の御代2004年には世界遺産に登録され、グローバルな人気の高まりを見せています。

遠くて行けないというかたも、ぜひこの写真で熊野古道を体験してみてくださいね。昔の人が畏怖と畏敬の念を抱いた神聖なパワーの一端でも実感していただけたら幸いです。

・参考文献
『熊野古道』 小山靖憲 著
『世界遺産 熊野古道』 宇江敏勝 著
『講談社カルチャーブックス 熊野詣 熊野古道を歩く』 神坂次郎 監修

・地図素材
『白地図専門店』 http://www.freemap.jp/

(おまけ) 歩き疲れたら、この『大師の水』でのどをうるおしてくださいね。

写真:筆者撮影

関東有数のパワースポット『氷川神社』でパワーをもらう

氷川(ひかわ)神社は、関東有数のパワースポットです。氷川神社と名のつく神社は埼玉県や東京都など各地に200以上もありますが、それらの元になったいわば本家の氷川神社に行ってきました。場所は埼玉県さいたま市です。

氷川神社は現代に生きる我々に人気があるだけではなく、徳川家康や源頼朝など歴史上多くの武士たちにも大切にされてきました。氷川神社は武蔵国(今の埼玉県や東京都など)の民衆に大切にされていたため、武蔵をうまく治めたい支配者側も丁重に扱ったのです。

氷川神社が民衆に支持されるようになった経緯は、遠く離れた出雲国(今の島根県あたり)と深く関係しています。

その昔(1~2世紀頃)出雲にいた出雲族の一部が武蔵国に移り住みました。中国地方の島根県から関東地方の埼玉県までやってくるなんて、かなりの長旅ですね。(対立していた大和族に追い立てられてしまったのでしょうか……?)

出雲の人々は出雲の神様(スサノオ)を信じていました。対して、もともと武蔵国にいた住民は地元の水神様を信じていました。これは宗教戦争必至か!?……と思いきや、なんだかんだで両方の神様を合わせてスサノオってことになっていきました。

スサノオといえば怪獣ヤマタノオロチを退治したエピソードが有名です。一説にはヤマタノオロチは出雲にある「簸川(ひかわ)」という川の氾濫を表しているそうです。簸川は洪水を起こしやすく周辺に大きな被害をもたらす暴れ川でした。

この簸川の名前をつけたのが、何を隠そう氷川神社なのです。武蔵国にも荒川という大きな川があり、田んぼに水を引くのに有用な反面、洪水で苦しめられることも多々ありました。

その人智を超えた自然の力を水神としてまつっていた武蔵国に、出雲国からちょうど暴れ川をねじふせたスサノオという神様が持ちこまれたので、なんとなく同化していったのかもしれません。

そういうわけでスサノオを氷川神社におまつりして大切にしました。すると氷川神社への信仰も武蔵国中に広がり、その後の武士の時代や現代においても大切にされる基礎が作られていったのです。

<参考文献>
まんが埼玉の歴史 1 原始・古代 滝沢 忠義/脚本 埼玉新聞社
氷川神社 大宮 さきたま文庫 沼野 勉/文・写真 さきたま出版会
氷川の宮居 第1輯 郷土文化研究会
氷川神社・大國魂神社 学研
出雲王朝は実在した 最古の統一王朝をさぐる 安達 巌/著 新泉社
出雲族の声なき絶叫 記紀の陰謀と出雲風土記の抵抗 朴 炳植/著 新泉社
「出雲」からたどる古代日本の謎 プレイブックスインテリジェンス 滝音 能之/著 青春出版社

画像:筆者撮影

松下奈緒、顔でかい?

2016年9月30日(金)20:57から、TBSで『湊かなえ × TBS ドラマ特別企画 往復書簡 ~ 十五年後の補習』が放映された。

主人公の女性・万里子を松下奈緒(31)、その恋人役を市原隼人(29)が演じた本格的なサスペンス作品だ。

万里子は過去に巻き込まれた事件の影響で記憶を一部失っている。その事件とよく似た新たな事件に遭遇した万里子が次第に記憶を取り戻していくにつれ、謎が解明されていく。

ドラマが一級品なのはもちろんだが、本筋とはまた別の部分でも興味深い点があった。それは、恋人役を演じた市原の顔の小ささだ。

もともと市原の顔が小さいことは有名だったが、役柄のせいか、今回はひときわ目立った。松下とのツーショット場面では、あの美人女優・松下の顔が大きく見えた。

4月からテレビ朝日で放送されたドラマ『不機嫌な果実』では、市原はピアニストの役を演じていた。一方の松下は本当にピアニストである。ただJAバンクのCMに出ているだけではない。

ピアノの技術や演技力には、顔の大きさは関係ない。めげずに今後もがんばってほしい。

画像:『湊かなえ × TBS ドラマ特別企画 往復書簡 ~ 十五年後の補習|TBSテレビ』
http://www.tbs.co.jp/ofukushokan/