クイズ番組で際どいアダルト回答。お茶の間を凍りつかせたモーリー・ロバートソン

[3行まとめ]
①『くりぃむクイズミラクル9』に出演したモーリー・ロバートソン(54)
②「○ン○ー○」の丸に文字を入れて意味のある単語を作る問題
③モーリーの回答→「ボンデージ」「コンドーム」「インサート」

2017年5月17日(水曜日)、テレビ朝日系列で『くりぃむクイズ ミラクル9 2時間スペシャル』が放送された。放送時間帯は19:00から21:00のゴールデンタイムということもあり、大人から子供まで、一家で安心して見られるクイズ番組となっている。

しかし、このファミリー向けの健全な雰囲気をぶち壊すアダルト回答が一人の回答者により連発された。外国人のモーリー・ロバートソン(54)である。近年では硬派な報道番組の司会を務めるなど活躍の場を広げている。

問題回答が連発されたお題は、「○ン○ー○」の丸印の部分に一文字を入れて、5文字の単語を作るというもの。もちろん意味を持つ言葉でなければならない。複数のタレントが順番に回答していく。答えられない者は次々と脱落し、ついにモーリー・ロバートソンの番が回ってきた。

「ボンデージ」、とモーリー・ロバートソンは回答。「ボンデージ」をウィキペディアで調べると、「性的興奮を得るための拘束行為」と出てくる。このウィキペディアのページには、肌を露出した女性が手足を鎖でつながれている官能的な写真まで掲載されている。

モーリー・ロバートソンは次に、「コンドーム」と回答した。「コンドーム」はゴムなどの素材で作られた膜のようなもので、ペニスにかぶせることによりスペルマの飛散を防ぐ役割を持つ。伸縮性があるため、男性が性的興奮を帯びてペニスが巨大化しても破れにくい。

とどめにモーリー・ロバートソンが繰り出した回答は、「インサート」。「インサート」とは、挿入という意味である。何を挿入するかは問わないが、「ボンデージ」「コンドーム」に引き続いての「インサート」であることを考慮すると、勃起した陰茎を挿入していると考えられる。

人が通常の社会生活を送っているとき、脳内の大脳新皮質が働いて理性を保っている。一方、飲酒時や興奮時などは大脳辺縁系という本能に近い部分の脳が優勢になる。制限時間の短いクイズ番組の回答時、周囲からやじを飛ばされカウントダウンもされるという極度の緊張状態で、モーリー・ロバートソンの理性は押しのけられ本性がむき出された。

モーリー・ロバートソンが手足を拘束され、目隠しをされ、黒いスーツの女王様にローソクとムチで責め立てられて恍惚を感じ避妊具の中に射精するシチュエーションを個人的に妄想するのは自由であるが、それを子供も見ている時間帯で公共の電波にのせて発信してはいけない。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

橋下徹、「働けなくなった人には死んで頂くほうが経済的に一番いい」を支持

[3行まとめ]
①政治家ミッチー「働けなくなった人は死んだほうがいい」
②コメンテーターの橋下徹がミッチーの暴論を明確に支持
③実は、働けなくても死なないほうが経済的には効率がいい

2017年5月8日、テレビ朝日系列の討論番組『橋下×羽鳥の番組』で、過去の政治家による数々の失言が取りあげられた。10年前の久間防衛大臣による「日本への原爆投下はしょうがない」発言や、まだ記憶に新しい今村復興大臣による「東日本大震災が東北でよかった」発言などだ。

なかでも物議をかもしたのは、政治家の渡辺美智雄(愛称:ミッチー)によるこの暴論。「乳牛は乳が出なくなったら殺す。人間も働けなくなったら死んで頂くと大蔵省(今でいう財務省)は大変助かる。経済的に一番効率が良い」

スタジオ内に座っていたコメンテーターの橋下徹は「考えかたとして筋が通っている」と発言し、ミッチーの主張を明確に支持した。

確かに、働けなくなり税金を納めなくなった人を、国が税金で面倒を見るのは負担が大きい。戦争でも、敵兵を殺すより地雷などで手足を不具にしたほうが、治療や介護など相手側の負担を増やせるので有利になる。

しかし、仮に金銭的にトクだとしても、いま生きている人に対して「死んでいただくと助かる」などと言っていいはずがない。言える神経が想像できない。恐ろしいことだ。みんなの経済的な利益のために人の命が犠牲になる社会……。橋下徹は自分が年老いて働けなくなったら自殺して財務省を助けるとでもいうのだろうか。

橋下の思想は論外かつ人外だが、そもそも、「働けない人は死んだほうが経済的にトク」という考え自体が正しくない。働けなくても、生きていれば消費はする。食べ物も買うし、趣味にお金も使う。払ったお金は消えるのではない。商品やサービスを売った店や会社の儲けになる。利益があがり、国に税金を納める。このように経済は循環している。

働けなくなった人も、まだ働けないという人も、働けるけれど働かないという人もみんな、死ぬ必要はない。ただご飯を食べてトイレに行って寝るというだけでも、国の経済に貢献していることになる。というより、国にとっての損得などとは無関係に堂々と生きていていい。

一人一人が自分のことを考えて生きている社会とはすなわち、みんながみんなのために生きている社会のことである。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

消えた濱田岳のカルピスCM。合唱団の所属児童に性的虐待の疑い

[3行まとめ]
①濱田岳(28)が出演する飲料水のTVCMが流れなくなった
②濱田の後ろで歌う児童合唱団メンバーに性的虐待疑惑
③AKB河西智美(25)手ブラ写真集は児童ポルノの疑い

草花が青々としてくるこの季節、小さな男の子がいる家では鯉のぼりが泳ぎだす。5月5日はこどもの日、特に男児の息災を祝いかつ願う日本の祝日だ。このめでたい日に言うべきことかどうか迷うが、とあるテレビコマーシャルで外国人の男児が性的虐待の被害に遭っている可能性がある。

そのCMで宣伝しているのは『アサヒおいしい水プラスカルピスの乳酸菌』という飲料品。俳優の濱田岳(28)が男児ばかりを集めた児童合唱団と一緒に歌を歌うという内容だ。一見するとほほえましいだけのように見えるが、実は彼らが歌わされている歌の歌詞の一部が問題となっている。

批判を浴びているのは、歌詞の中の「あまずっぱいぱい」という箇所だ。「ぱいぱい」というのはバストのことである。バストの大きさを売りにしているタレントの仲井優希(26)が芸名として『ぱいぱいでか美』を使用していることからも、「ぱいぱい」とはバストのことだとわかる。

性的な意味を持つ「ぱいぱい」という言葉を、年端もいかない少年たちに歌わせてしまったことが問題視されているのだ。合唱団のメンバーの中には日本人だけではなく外国人も多く含まれていた。

外国人の男児に対する性的虐待で思い出されるのは、2013年に発生したAKB48河西智美(25)の写真集問題。外国人男児が河西のバストをおさえさせられている写真に対して、「児童ポルノ禁止法違反の可能性がある」と弁護士から指摘がなされた。

児童ポルノ法で禁止されているのは、児童本人の性的な姿だけではない。児童が他人の性的な部分に触れているものも禁止されている。まだ十分な判断能力が備わっていない児童を性的に搾取することになるからだ。

性的な言葉を言わせても現状では児童ポルノに該当しないが、児童を性的搾取から保護するという法の本来の趣旨からすれば、「ぱいぱい」のような性的な言葉を言わせることも不適切と言わざるをえない。

濱田岳カルピスCMのような児童性的虐待の蔓延を防ぐため、早急な法整備が求められる。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

「大麻女優」高樹沙耶を悪者にしたい「飲酒男優」中尾彬こそ社会のガン

[3行まとめ]
①女優の高樹沙耶が大麻所持で有罪確定
②男優の中尾彬が高樹沙耶の人格を否定「変な女優」
③科学者「大麻は酒より安全」→飲酒男優・中尾彬のほうが危険人物

2017年4月27日、女優の高樹沙耶が沖縄の裁判所で懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を下された。高樹が大麻を所持していたと認定されたのだ。高樹は控訴しなかったため有罪が確定した。

この事件を受けて、翌28日のフジテレビ系列『バイキング』では、男優の中尾彬が高樹を「あいさつもできない変な女優」と痛烈に批判した。「高樹を応援する人も一部にいる」と話を振られた中尾は、沖縄に住んでいるからという理由だけで沖縄代表ヅラして、「沖縄の人は誰も応援してない」と断言した。

中尾彬、ウソをつくな。

沖縄のみならず全国各地に、高樹を応援する人々が存在している。彼らは、大麻がアルコールよりも安全であることを知っている人たちだ。中尾彬は知らないのかもしれないが、アメリカの雑誌『The New Yorker』の取材でバラク・オバマ大統領が「大麻は酒より安全だ」と明言している。

大統領だけではない。イギリスの科学者デビッド・ナットの研究によると、酒はヘロインやコカインよりも社会的に有害であるという結果が出ている。ドイツのドレスデン工科大学からも同様の研究結果が発表されており、酒が高リスクである一方、大麻は低リスクであると判定されている。

いや、中尾彬は、実は知っているのかもしれない。酒が大麻より危険だと知っているにもかかわらず、あえて酒より大麻を危険視しているのかもしれない。なぜなら、中尾は酒屋の息子であり、かつ、自分の名前を冠した酒を作って儲けたり、酒屋のCMに出演してたんまりとギャラをもらったりしているからだ。

酒が大麻より危険だなどとは口が裂けても言えないだろう。なんのことはない、第三者を装ってしたり顔でコメントしている中尾彬は、密接な利害関係を持つ当事者だったのだ。視聴者は中尾のポジショントークを真に受けてはいけない。

科学的な真実を知れば、高樹沙耶こそが正義だとわかる。大麻を解禁できれば、人々は危険な酒から安全な大麻に流れるだろう。日本社会全体に大きな利益をもたらすために、高樹沙耶は、無知な大衆から糾弾される危険を引き受けてまで、自らの信念を貫いた。大麻女優というのは汚名ではなく輝かしい称号なのだ。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/

糖質制限(ローカーボ)ダイエットの必須アイテム「難消化性デキストリン」とは?

米や小麦など、糖質の摂取を減らすと太りにくくなる。糖質を食べなければ血糖値の急上昇は発生しないからだ。血糖値が急上昇すると体に悪いので、血液中の余分な糖は別の場所へと回収される。その糖がやがて脂肪に変わり、人は太る。

このメカニズムをふまえると、要は血糖値の急上昇を抑えればいいことがわかる。食べた糖質がお腹の中に入っても、すぐには体に吸収されないようにすればいい。食事前に「難消化性デキストリン」を摂取すると、糖の消化吸収を遅らせることができる。

コストコで販売している難消化性デキストリン製品の『OPTIFIBER(オプティファイバー)』。去年までは大容量だったが今年は約半分の量になった。その割に値段はあまり下がっておらず、他社製品のほうがコスパが良くなっている。下の表にまとめた。

商品名 OPTIFIBER 難消化性
デキストリン
難消化性
デキストリン
メーカー カークランド ニチガ ロハスタイル
購入店名 コストコ 楽天市場 ヤフー
ショッピング
税込価格 1,758円 777円
送料無料
3,280円
送料無料
730g 400g 2,000g
グラム単価 2.41円/g 1.94円/g 1.64円/g
↓100g中の量
食物繊維 約85g 82g以上 85g以上
糖質 15g以下
熱量 141kcal

●難消化性デキストリンを理解するための周辺知識●

炭水化物=食物繊維(消化できない)+糖質(消化できる)
糖質=単糖類+二糖類+多糖類+糖アルコール+・・・
糖類=単糖類+二糖類

「デキストリン」・・・糖質。低分子量の多糖類。デンプン、グリコーゲンからの加水分解で得る。アミラーゼでグルコースに分解される。グルコースの重合体。
「デンプン」・・・糖質。多糖類。天然高分子。アミロース(直鎖)とアミロペクチン(分岐)に分類。グルコースの重合体。
「グリコーゲン」・・・高分子。アミロペクチンよりも分岐が多い。グルコースの重合体。
「難消化性デキストリン」・・・水溶性食物繊維(消化できない)。消化酵素(アミラーゼ)で分解されないデキストリン。グルコースの重合体。発酵分解率25%以上75%未満のため、1kcal/gとして計算する。平成15年2月の厚生労働省通知より。発酵分解率は人体実験で算出。(消化酵素では分解されないが、微生物により分解されて若干の栄養となる?)

「デキストロース」・・・グルコース(ブドウ糖)の別名。デキストリンとは別物。
「ソルビトール」・・・糖アルコール。グルコースのアルデヒド基をヒドロキシ基に還元したもの。
「ポリデキストロース」・・・水溶性食物繊維。グルコースとソルビトールをクエン酸で重合して作る。グルコースの重合体。0kcal/g。グルコースが8個くらいくっついている。【出典:『食べ物と健康』, 第 1 巻 池田清和、柴田克己 編集 化学同人】(0kcal/gということは、消化酵素だけでなく微生物によっても分解されないということか?)

「セルロース」・・・不溶性食物繊維。グルコースの重合体。

他の水溶性食物繊維としては、イヌリン、寒天、グルコマンナンなどがある。

画像:『無料の写真 – Pixabay』
https://pixabay.com/